イーガレージ横浜通信

神奈川県横浜市から個人事業主向けにパソコン・WEBに関することをご提案。シニア向けFXサロンやっています。

*

シートベルトキャンセラーは、壊れます!!

      2017/04/09

シートベルトの警告音って、意外とうざったくありませんか?イーガレージ横浜です。

車検代行のお仕事で車検場へ行ったときに思うのですが、車検場のような公道ではないところって、まず、シートベルト、しないですよね。
もちろんした方がいいのですが、まず、している人を見たことがないです(笑)。

で、時速10キロくらい出すと、すぐに鳴り出すのです、最近の車は。
そう、シートベルトをしていませんよ、と、いう、警告音。
ピーピーとかピンポンピンポン、とか。
あれって、車両が止まってもまだ鳴ってますよね、1回シートベルトのバックルを外すまでは鳴っている。
ならなくなる車もありそうですけどね。

けっこう、うざったいのです。

なので、巷で売られている「シートベルトキャンセラー」なるものを使っているのですが、これが、また、よく壊れるのです。

メーカーはどこのでも同じですが、プラスチック製のやつは壊れます。
いままで5回位買い直しました(笑)が、全部壊れました(笑)。

どこが壊れるか。こんな感じに壊れます。

これが、

バックル側が割れてバックルが、グラグラして取れてしまったり、

パカっと割れて、中の部品が飛び出してしまったり

と、だいたいこの2パターンで壊れてしまいます。

なのでシートベルトキャンセラーとしての形状は、このようなものではなく、以下の2点をおすすめします。

まずは、もろバックルの形だけ。これだけで十分です。

シートベルトを引っ掛けておく使い方もしたい、という場合は、この形。
助手席に軽い荷物を載せて、シートベルトで固定したい、なんて時には、まじでこれが重宝します。

営業車のハイグレードタイプ?は、助手席に荷物を載せるだけでピーピーなりますので(人が座った、と、誤認識)、必須かと思われます。
間違っても、公道で運転席で使わないでくださいね。きちんとシートベルトをしめてください。当たり前ですが。

 

 - グッズ , ,