イーガレージ横浜通信

神奈川県横浜市から個人事業主向けにパソコン・WEBに関することをご提案。シニア向けFXサロンやっています。

*

KM51 タウンエーストラック プラグコードの抵抗値を測ってみた

      2017/09/29

KM51 タウンエーストラック の不調は相変わらずで、ひとつひとつトラブルシュートしています。

点火系のうち、今回はプラグコードのチェックをします。

一般的にプラグコードはリーク、断線、そして内部抵抗値をチェックします。バイクと同じですね。

リーク、断線の方法はwikiHowというサイトにわかりやすい説明がありました。昔からこの方法ですね。

チェックの結果、問題ありませんでした。

次に、抵抗値のチェック。

一番長いケーブルで4.5KΩ。

一番短いケーブルで、2.1KΩ。

一般的には2KΩくらいだと勝手に思っているので、抵抗値が大きいように感じます。
今までの整備記録を見ても交換した記録はないので、プラグコードを交換することにします。

購入したのはこれ。NGKのプラグコード。

あぁ、なんて懐かしいパッケージでしょう(笑)。昔とあまり変わっていない気がします。
型番 RC-TE107 です。

裏面。

新しいプラグコード。

一番長いケーブルで、2.0KΩ。

一番短いケーブルで、1.05KΩ。

今ついている純正の半分の値ですね。効果がありそうです。

デスビキャップのコードの順番を間違えないように、交換します。
コードの長さを純正を合わせながら交換することも忘れずに。

 

次回は、デスビキャップとデスビローターの交換をお伝えします。

 

 - KM51タウンエーストラック , , ,